FOLKLORE札幌公演のこと text: 青木隼人
*チケットは売り切れになりました!


2018年6月30日土曜日、FOLKLOREは初めて札幌で演奏をする。


会場はモエレ沼公園にある、ガラスのピラミッド。この公園のことは知っている方も多いのではないだろうか。ゴミ処理場の跡地に、1982年着工、2005年グランドオープンという、長い時間をかけて整備された公園。基本設計は、彫刻家イサム・ノグチと彼の財団(イサム・ノグチは1988年に逝去)が担当。

わたしも一度行ったが、とても広い。1周するのに90分くらいかかる。でも、その広さ、景色のよさはすばらしかった。(おおきな芸術作品のなかにいるみたいな感覚)

モエレ沼公園全景。東京ドーム40個分の広さ。


モエレ山。登るのは、ちょっとしたハイキングになる。


ガラスのピラミッドは、その名のとおり全面ガラス張りの建造物。FOLKLOREの演奏会の日は、日の入り19時18分。天気がよければ夕日を見ながらの演奏会になるかもしれない。(会は18時開場・18時30分開演)

夕暮れという時間=リズムを感じながら音楽ができることは、とてもうれしい。

会場からはこんな景色が見えると思う。


演奏は、FOLKLORE

いまは青木隼人(ギター)・haruka nakamura(ピアノ)・内田輝(ソプラノサックス)のトリオで音楽をしている。

左から 青木隼人、haruka nakamura、内田輝。(写真:砺波周平)


10 watts field & gallery にて。


富山県南砺市 福野文化創造センターヘリオスにて。


昨年末に新譜『RIVER』を7インチシングルの形でリリース。(ダウンロードクーポン付なので、レコードプレーヤーがない方でも大丈夫)

近年のライブは、ひと続きの、短編映画のような演奏をしている。誰かの物語ではなく、それぞれの物語に還っていくような音楽の時間を作ることができれば、と思っている。

『RIVER』( HUMMOCK Cafe のwebページより)


 

 

音楽をともにするゲストには、太田美帆 さん、そして九州・大分から baobab のふたりをお迎えする。

太田美帆さんは、聖歌隊CANTUSの主宰者。そして最近は全国各地で、「こえ」をもって、人と人をつなげることをしている。ちゃんと目を見て気持ちを伝えてくれる人。そして、じつは今回の会の主催者でもある。

太田美帆さん(写真:山口明宏)


baobabのふたり(maikaさんとmiraiくん)は、九州・大分の地で健やかに音を紡ぐ兄妹。今回の演奏会では、歌声で参加してくれる。ふたりの声からは、土の香りがして、とても安心する。地面にちゃんと足をつけている感じ。

baobabのmaikaさんとmiraiくん。ふだんはアイリッシュミュージックを中心に音楽をしている。ぜひデュオの音楽もどこかで聴いていただきたい。


そして、坂本美雨さんの参加も決定。美雨さんとFOLKLOREは昨年より様々な場所で、一緒に音を作ってきた間柄。札幌でも息のあった演奏をお聴かせできると思う。お楽しみに。

坂本美雨さん。10 watts field & gallery にて。(写真:TKC)


音響は flysound 福岡功訓さん。この日のために、東京から駆けつけてくれる。FOLKLOREや、haruka nakamuraの音楽を支えてくれている大切な人と一緒に会を作ることができてうれしい。

いちばん左が福岡功訓さん。隣は太田美帆さん、そしてその隣にはFOLKLOREの内田輝(なぜか後光が射している)。


照明は chikuni さん。haruka nakamura PIANO ENSEMBLE の照明を担当されていたので、ご存じの方も多いと思う。仄かで、かつ存在感のある灯り。夕暮れの光から夜に向かう時間を美しく演出してくれることでしょう。今回、ご一緒できて光栄です。

chikuni の灯りとharuka nakamura。10 watts field & gallery にて。(写真:TKC)


そして、演奏会の日は、ガラスのピラミッド内でいくつかのお店が出店されるとのこと。いま太田美帆さんが駆け回って交渉中。情報が揃ったら、ここにお知らせを追加する予定。

今回の演奏会は、いままでFOLKLOREや太田美帆さんが出会ってきた、道内、道外のたくさんの方のお力をお借りしている。みなさん、ありがとう。

最新情報は、太田美帆さんのインスタグラムにいち早く発表されるような気がしている。なので、ぜひ美帆さんのインスタグラムをチェックしてみてほしい。
ura.cantus


音楽は、場所と切り離せない。とくにFOLKLOREの音楽は、つねに「場所」と「時」とともにありたいと思っている。今回の札幌・モエレ沼公園での演奏会は、FOLKLOREの演奏会として、その全てをお伝えできる機会。近くから遠くから、たくさんの方にお集まりいただければうれしい。




FOLKLORE LIVE
2018年6月30日土曜日

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド アトリウム
北海道札幌市モエレ沼公園1ー1

18:00開場
18:30開演
終演20:00予定

出演
FOLKLORE(青木隼人・haruka nakamura・内田輝)
太田美帆
baobab
坂本美雨

音響
flysound 福岡功訓

照明
chikuni

3,500円(小学生以下のお子さまは無料になります)
チケットは SOLDOUT になりました!

https://t.livepocket.jp/e/folklore0630


モエレ沼公園は、札幌市街地から車で30分。新千歳空港から高速道路を利用して50分のロケーションです。
地下鉄とバスを乗り継いでのアクセスも可能です。
詳しくは、モエレ沼公園のウェブページをご参照ください。

モエレ沼公園のウェブページ(アクセス)

*20時終演予定です。お帰りの地下鉄駅方面のバスもまだ運行していますので、公共交通機関でお越しの方もご安心ください。





わたしは、札幌という街を気に入っている。
(そもそも、路面電車が走っている街には弱い。熊本、広島、高知、富山、、そして函館、札幌)

札幌で行きたいところはたくさんある。天気がよい朝だったら、たとえば北大の植物園へ。


こんなところや。


こんなところも。


南極に行った樺太犬タロにも会える。


こちらの方にも。いつ会ってもびっくりする。


北海道大学植物園
札幌市中央区北3条日8丁目
9:00〜16:30 月曜日休園

https://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/